スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災・宮城より-4

03-23,2011

震災から4日。
余震がきても「揺れてるね?」なんつって
少し気持ちに余裕が出てきた頃。

この日から、近所の被害状況を知りたくて
チャリンコ&徒歩で歩き回ってみた。
$ゴチ80%
保育所前、ポッキリ折れる電信柱。

$ゴチ80%

$ゴチ80%

流された車が放置されてるものの
少しずつ家の片付けが始まった嫁の実家近所。
ブロックの跡を見ると津波がどこまできたかわかると思う。
身長153cmの嫁と同じ高さだった…。

$ゴチ80%

$ゴチ80%

割れた地面と5日目でもつかない信号。

相変わらず、コンビニやスーパーは長蛇の列で
5時間待ってもお菓子くらいしか買えない状態。
もちろんガソリンも無く身動きとれないゴチ一家。

かろうじて残った、嫁の実家の米などもプラスして
なんとか飢えをしのいだ。

6日目の昼には1本500円という
ぼったくり価格の焼き芋を買ってしまう。

$ゴチ80%

この不便な生活の中でも
遠慮なく食べ、笑い、泣く息子の姿に何度救われたことか。
大人4人の避難生活だったら、きっと険悪になっていただろう…。
この日も、夜7時にはご飯も食べ終わり
布団でも敷こうか…なんて言って外をみると
前のマンションの通路に灯りがついた。

一家でこんなにテンションが上がる事があるのかと、
ホントそう思うほどみんなで喜んだ。
約一週間ぶりの風呂に身体も癒される。

同時に、一週間ぶりのテレビで
あまりに大きな被害と事の重大さを思い知らされた。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。